ボツリヌストキシン注射

ボツリヌストキシンとは

ボツリヌストキシンとは、ボツリヌス菌という細菌から抽出されるタンパク質の一種の事を指します。これには、筋肉の収縮を促す神経伝達物質である「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあります。ボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の働きを弱め、収縮を抑制する効果を得ることができるのです。そのため、過緊張していた筋肉がリラックスして、表情しわが目立たなくなるなどの効果が得られます。
ボツリヌストキシンを薬にしたものが、ボツリヌストキシン製剤で、有名なものがアラガン社製の「ボトックス」です。今では他の製薬会社からもボツリヌストキシン製剤が発売されており、効能等に大きな違いはありません。

ボツリヌストキシンの効果

しわの改善と予防

しわの中でも、表情じわと言われる目尻や額などにみられるしわは、長年その箇所の筋肉が収縮を繰り返す事によって現れます。ここにボツリヌストキシンを注入することで「アセチルコリン」の分泌が抑えられ、筋肉の収縮が局所的に弱まることで、しわが目立たなくなる効果を得ることができます。
表情じわの他に、額の横じわ、眉間の縦じわ、首の縦じわ、顎の梅干しじわなども目立たなくなる効果が期待できます。

小顔効果

張り出したエラに対して、ボツリヌストキシンを注入することで小顔に整える効果があります。ものを噛む時に働く筋肉である咬筋、すなわちエラに対してボツリヌストキシンを注入すると、咬筋の収縮力が弱まり、しばらくすると咬筋がやせてエラが縮小されることで、すっきりとした顔立ちに整えることができます。

顔立ちを整える

ボツリヌストキシンは、メスを使わずに顔立ちを整えることもできます。ボツリヌストキシンを局所的に注入することで、眉の形の左右差を整えたり、ガミースマイル(笑った時に歯茎がでてしまう状態)を改善したり、口角を上げたりと、手軽に顔立ちを整える効果があります。

ふくらはぎを細くする

筋肉の働きを弱める効果があるボツリヌストキシン。発達したふくらはぎにお悩みの場合、ボツリヌストキシンを打ち込むことで、自然と使われなくなった筋肉が萎縮することで小さくなっていきます。筋肉が細くなることで、自然とほっそりとした足へ変化させることができます。

多汗症治療

ボツリヌストキシンを脇の下などから注入することで、汗を分泌する汗腺の機能を弱めます。これによって汗の量を減らしたり、ワキガなどのお悩みを解消することができるでしょう。

マイクロボツリヌストキシンとは

マイクロボツリヌストキシンは、細い注射針で、約1センチ間隔でボツリヌストキシンを注射します。

皮膚の浅い部分にのみ作用させ、顔汗、鼻汗を減少させたり、皮脂産生を減らし、化粧のりをよくします。また、目立つ毛穴を縮小させることができたり、顔面表情筋の動きに影響を与えることなく、小じわや皮膚のテクスチャーを改善します。

担当医より一言

ボツリヌストキシン製剤の登場で、美容治療は大きく変わりました。かつては外科手術でなければ得られなかった効果が、注射一本で得られるようになったことは素晴らしいことです。もっとも、注射を打つ部位、量などを、患者様ごとのしわや筋肉の状態などに合わせて微妙に調整することが求められる繊細な治療でもあり、安全にかつ満足のいく結果を出すには正確な解剖知識と十分な経験を要します。

ボツリヌストキシン注射の料金表はこちら