いぼ

いぼは、医学用語で『疣贅(ゆうぜい)』といい、皮膚に発生する小さな突起物の事をいいます。

大きくわけて、免疫力が低下しているときなど粘膜にヒトパピローマウィルスというウィルスに感染する『ウィルス性』のものと、高齢者に多い皮膚の老化などによって出来る『老人性』のものがあります。

いぼの原因

・ウィルス

ヒトパピローマウィルスの感染、増殖が原因です。

いぼウィルスは、皮膚表面の細かい傷から入り込み増殖して大きくなります。

・皮膚の老化

加齢とともに顔や体に出てきます。

いぼの種類

・尋常性疣贅

外的刺激を受けやすい手足の指、ひじ、ひざ、足の裏などにできるのが特徴です。最初は小さいですが、やがて大きくなっていき、表面が角化して灰白色になります。いぼを放置すると増数、増大するので早期の治療をおすすめいたします。

・老人性疣贅/脂漏性角化症

ウィルスではなく、皮膚の老化によって出来るいぼで、加齢と共に発生します。特に顔面、頭部、前胸部に多くみられます。色は褐色調ですが、健康な皮膚に近い色調のものから黒色調のものまで様々で、ザラザラしているのが特徴です。

・老人性 アクロコルドン/スキンタッグ

中年以降に多く発生することが多いのですが、20歳代から徐々に発生することも少なくありません。中年以降に首まわり、胸元、脇の下などに多く見られます。色は、皮膚と同じ色か褐色から黒色で、大きさは1~3mm、柔らかくブツブツしています。遺伝が原因の場合もあります。

・汗管腫

目の周りに出来、白っぽいのが特徴です。原因は、エクリン真皮内汗管の細胞の増殖といわれ、遺伝的な要因も関わっています。たくさん出現したり、くっついて大きくなることがあります。思春期以降の女性に多いといわれています。

・稗粒腫

目の周りに出来ることが多く、白や黄色っぽい1mm程度のいぼです。たくさん出現する事があります。稗粒腫は治りが早く、3~4日できれいになります。

治療メニュー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、水分含有量が多い皮膚組織にうまく反応するレーザーです。皮膚には水分が多く含まれるため、これにレーザーを照射することで熱が生じ、瞬間的に蒸発させることができます。ほくろやいぼに照射した場合は、それらを削るようなイメージで除去していくことになります。

局所麻酔を行いますので治療中の痛みはほとんどありません。また出血も少なく安全性の高い治療です。

ダウンタイムは、赤み、軽い腫れ、かさぶたなど、軽いやけどや擦り傷のような状態が1~2週間続きます。

施術範囲 料金
(税別)
1mmごと ¥6,000

いぼの料金表はこちら