AGA

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGAの原因の発見

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

AGAの特徴

AGAは抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

ただし、AGAでは普通、薄毛になっていてもうぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

治療法

フィナステリド

〇フィナステリドとは、アメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬のことです。

抗アンドロゲン薬とは、アンドロゲン(男性ホルモン)のはたらきを抑制する薬物の総称です。

内容 料金
(税別)
28錠1ヶ月分 ¥7,000

デュタステリド

〇デュタステリドとは、テストステロン(男性ホルモン)に働きかけることによってAGAの原因ジヒドロテストステロン(DHT)に変換させる作用を持つ「5aリダクターゼ」を阻害しDHTを減少させ、薄毛を改善させる治療薬です。

ミノキシジル

〇ミノキシジルとは、頭皮の血行を促進し、毛母細胞(毛をつくる場所)を活性化させる育毛剤です。ミノキシジルは使い始めてすぐに効果が現れる育毛剤ではありません。少なくとも6カ月間、毎日使い続けることによって効果を実感して頂きやすい治療薬です。

エレクトロポレーション

〇エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスを皮膚表面に与えることで、一時的に皮膚細胞膜に隙間をあけ、有効成分を浸透させる治療方法です。針を使わず、痛みのない治療で、大量の有効成分をダイレクトに患部へ浸透させます。

メソセラピー

〇メソセラピーとは、有効成分や薬剤を注射針などを使って、その薬剤を必要としている患部に注入する方法です。育毛のためのメソセラピーは特にホルモンの悪影響や遺伝、ストレスによる薄毛に効果的です。繰り返し治療を行うことで効果を実感して頂きやすい治療法です。

AGAの料金表はこちら