医療脱毛

蓄熱式による、痛みが少なく、肌にやさしい スピーディーな脱毛を可能にした 次世代のダイオードレーザー メディオスターNext PRO

従来の単発式の照射モードに加え、“蓄熱式”を実現した高速連射モードを搭載しています。 蓄熱式とは、ほんのり温かいくらいの熱を連続で加え続け、徐々に温度をあげてゆく方法で、痛みが少なく、肌にやさしい脱毛を可能にした照射スタイルです。

メディオスター Next PROの特徴

①脱毛時の痛みが少なく不快感を軽減します

蓄熱式とは、低出力かつ高速連射(最大12Hz)で、毛包周囲にある発毛中枢を徐々に加熱していく方式です。従来方式の高出力での単発照射では、一度に多くのエネルギーを与えるため、痛みが強いのが課題でした。蓄熱式の脱毛では痛みが抑えられるため、麻酔無しでの施術や長時間の施術を受けやすくなりました。

②幅広い施術(部位)に柔軟に対応できます

2種類の波長のレーザー光線(808nm&940nm)が同時に照射されることで、毛の質(剛毛/軟毛)や密度、施術部位による毛の太さ・深さ等、幅広い条件に対応でき、施術の幅が広がりました。

③肌にやさしく、ダメージを軽減します

蓄熱式の照射は、急激な温度上昇が抑えられるため、熱傷リスクが軽減され、肌に優しく痛みの少ない施術になります。

④患者様の状況(脱毛部位)にあわせて照射モードが選択できます

蓄熱式の照射モード(スムースパルス)に加え、従来方式のハイパワーによる単発式の照射モードの選択もでき、患者様の状況・ご要望にあわせた施術の調整が可能です。

⑤あらゆるスキンタイプに対応できます

1ショットの照射時間(パルス幅)を調整することで、色白〜色黒まで幅広いスキンタイプの方に対応できます。

治療回数・頻度

一回の照射で全部の毛を脱毛できるものではなく、ある程度の回数を行って徐々に減毛させていきます。部位によって差がありますが、一般に5回から10回くらいで満足できる程度に脱毛できます。ただし、無毛を目指す場合は相当な回数を要することもあります。また、同じ部位でも男性は回数がかかることが多く、特に男性のひげは相当な回数を要することがあります。治療頻度は毛周期に応じて、顔で1月に1回、体で2月に1回程度になります。

脱毛前の注意事項

脱毛部位は事前に剃毛の上ご来院ください。剃毛が難しい部位は看護師が当日剃毛しますが、別途剃毛料金を申し受けます。毛抜きの使用はお控えください。ピール作用のある薬や化粧品を施術前1週間(施術前3日間、当日、施術後3日間の合計1週間)避けてください。施術当日は、照射部位には日焼け止めやボディクリームを塗らずにご来院ください。

施術時間目安

15分~5時間程度
※施術部位によってかかる時間は異なります。

施術を受けられない方・部位

①日焼け直後または肌の色がかなり褐色の方、妊娠中の方、光線アレルギーのある方、膠原病のある方(疾患によります)、高度の肝斑がある方、その他肌や全身状態により照射が不適切と医師が判断した方

②目の周囲、毛髪、眉毛、睫毛、粘膜面にはレーザー照射を行いません。

③治療範囲内にやけど痕、傷跡、あざ、ほくろ、タトゥーがある場合、原則としてその部位にレーザー照射はできません。

よくあるご質問

1回で終わりますか?

1回で終了とはなりません。複数回必要になります。通常、部位によりますが5回から10回くらいでおおむね満足の行く脱毛効果が得られます。なお、男性のひげはかなりの回数を要することが多いです。毛には毛周期というものがあり、いま目に見えている毛だけでなく、眠っている毛もあります。これらの眠っている毛が目を覚まして生えてくるのを待って照射するのを繰り返すため、回数がかかります。

完全に無毛になりますか。

完全な無毛にするのはなかなか難しいです。毛が生えるメカニズムは完全に解明されているわけではなく、明確な理由は不明ですが、どうしても抜けにくい毛があります。レーザー脱毛は毛量を大幅に減少させる治療とお考えください。

照射間隔はどれくらいあければいいですか。

毛周期を考えて、顔で1月、体で2ヶ月の期間をあけていただくのが望ましいです。短い間隔で照射しても、十分な効果が出ません。

男性も受けられますか。

はい、男性もお受けいただけます。ただし、男性のVIOは対応しておりませんので、ご了承ください。

費用はどれくらいですか。

部位ごとの料金は料金表でご確認ください。また、当院では、部位ごとの規定の料金のほか、初診料・再診料・麻酔代・剃毛代・薬代の費用を申し受けております。

一度脱毛された毛はもう生えてきませんか。

一部また生えてくることもありますが、少量です。気になる場合は追加の照射をご検討いただきます。

医療脱毛の料金表はこちら