マッサージピール

マッサージピールとは

これまでになかった新しいタイプの薬剤 PRX-T®33 を使用したケミカルピーリングです。

通常のケミカルピーリングは、表皮剥離(皮をむくこと)させることで様々な治療効果が得られるものでした。

マッサージピールは表皮剥離をほとんど生じさせずに、主に皮膚の深いところに集中的に作用します。
その結果、線維芽細胞の活性化によってコラーゲン増生が促され、肌にハリや弾力をもたらします。
また美白成分のコウジ酸が配合されているため、シミやくすみに対する効果も期待できます。「マッサージ」という名称は、通常のケミカルピーリングのように薬剤を皮膚に塗るだけでなく、優しく押し込むようにマッサージしながら皮膚の奥深くに浸透させるという施術方法に由来します。
なお、コラーゲンの生成促進をもたらすことから「コラーゲンピール」とも呼ばれることもあります。

期待できる効果

真皮内組織の再構築と美白効果により、以下のような効果が期待できます。

• 肌のハリ・弾力の改善
• 小じわの改善
• 毛穴の改善
• くすみの改善 など

特に気になる個別の症状については、マッサージピールと別の治療(レーザーや光治療、ダーマペンなど)と組み合わせることで更に高い効果が期待できます

PRX-T®33 とは

PRX-T®33 は高濃度 TCA(トリクロロ酢酸)、低濃度過酸化水素、コウジ酸が配合されたイタリア発の薬剤です。

・トリクロロ酢酸(TCA) 33%

トリクロロ酢酸は、ケミカルピーリングに使用される酸の一つで、肌の深部に作用するため維芽細胞の活性化やコラーゲンの増生促進効果が高い反面、強い表皮剥離作用と炎症作用があるため、一般的な美肌治療への使用は難しいとさ
れてきました。しかし、後述の低濃度過酸化水素と併用することで、表皮剥離や炎症を抑えることが可能になりました。

・低濃度過酸化水素(H2O2)

低濃度の過酸化水素は、トリクロロ酢酸(TCA)の持つ強力な表皮剥離作用と炎症作用を抑制します。

・コウジ酸 5%

コウジ酸は著名な美白剤の一つです。メラニンを合成する酵素の働きを抑制して、シミやくすみを改善します。

よくあるご質問

即効性がありますか?

個人差はありますが、施術直後から、肌状態の改善を感じられる方が多いです。
また、コラーゲン合成が進むにしたがって、時間の経過によりさらに効果が現れてきます。

1回だけの治療でいいですか?

マッサージピールに限らず、美容皮膚科治療の多くは繰り返しが重要です。
1回の治療でもある程度の効果はありますが、繰り返すことでさらに高い効果が期待できます。
マッサージピールの場合は、2週間から4週間に1回の治療を5回程度で1クールとしてお考え下さい。回数の制限はありません。

ダウンタイムはありますか?

マッサージピールは、従来のピーリングと違い、表皮剥離をほとんど起こさない治療ですので、赤みや皮むけなどのダウンタイムはほぼありません。
また、当日からお化粧できます。

クレーターのニキビ跡もマッサージピールで改善しますか?

真皮内の組織の再構築を行いますので、ある程度の改善は見込まれます。
もっとも、マッサージピールはどちらかと言えばエステティックな治療です。
ニキビ跡などの本格的な皮膚改善治療を行う場合は、マッサージピールは種々の治療の一部と位置付けてお考え下さい。
他の様々な治療と組み合わせることでより高い効果を出していきます。

副作用はありますか?

施術中、ほてりやピリピリ感が出ることがあります。
また、施術後、赤みやひりつきが残ることがあります。通常、赤みやひりつきは1日程度で治まりますが、1 週間程度かかることもあります。
まれに皮むけを起こすこともあります。

ダーマペンとのコンビネーション治療があると聞きましたが

はい、一般的に「ベルベットスキン」や「ヴェルヴェットスキン」などの名称で呼ばれている治療法です。
創傷治癒機転による皮膚再生促進作用により、特に毛穴改善治療として人気の「ダーマペン 4」と、肌の奥からハリをもたらす「マッサージピール」を組み合わせたコンビネーション治療です。
薬剤の浸透率が増すうえ、ダーマペン 4 による肌再生作用も加わるため、マッサージピール単体で行うよりも、より高い効果が期待できます。
まずダーマペン 4で皮膚表面に高密度の小さな穴をあけた後、マッサージピールを塗布していくという流れになります。 詳しくはベルベットスキンの項目をご覧ください

マッサージピールの料金表はこちら